青空のもとで -別館-

写真とかゲームとか。たまには旅に行ったり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パークは終わらない

年度も変わり、春アニメも始まりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は未だに余韻に浸っています。そりゃあもちろん…けものフレンズ12話の。

本当にありがとう、たつき監督。
23分鳥肌立ち続けて、泣き続けてました。
アニメ追いかけたのも、ここまで泣いたのも久々です。
本当に…本当にありがとう…

もう放映も終わってしばらく経つので、多少のネタバレは含んでいきますが、まずもうOPへの入りから鳥肌で泣いてたよねっていう。
過去11回のフレンズ達がほぼ集結して、超巨大セルリアンに立ち向かっていくのは王道と言えば王道ど真ん中なんですが、最初から道を外れていたけものフレンズがその展開になると本当に胸が熱くなりました。
そして、一人(一匹?)船で待機するボス。
今までかばんちゃん以外には喋らなかったボスが、最後の最後でサーバルちゃんに話しかけてて、しかも、「今まで楽しかったよ」的な発言をしてくれるもんだから視聴者全員展開が読めてしまう悲しさ。
ボスは、ここで死ぬんだと。

なんやかんやでセルリアンを無事船に誘導して沈ませた後は、ボスの捜索。
ラッキービーストが出て来るも、今までとは別個体。
コメントでも「並列にしとけよ!」「メモリー共有じゃないのか…」と落胆の声が。
フレンズたちによる必死の捜索の結果、無事にボスは発見されるも見るも無残な姿に。
というか、ボスそこが本体やったんかよ。

セルリアン襲撃から1月後、パーティーが開かれ、フレンズ達が好きに遊び回ってるのを見て序盤の頃のゆったりした気持ちで見れました。
このゆるさこそがけものフレンズ。あ、でも11話の緊迫感も好きですよ。

そして、物語もいよいよクライマックス。
バスを改造した船で、かばんちゃんは島の外に出ます。
フレンズ達が心配する中、かばんちゃんは木登りを見せ、もう一人でも大丈夫だと伝えます。
ですがその声は震えていました。
フレンズ達に見送られながら、後ろを振り向かず船に向かうかばんちゃん。
それは、1話でさばんなちほーから出ていくときと同じ構図。
振り向くと泣いてしまう。決心が揺らいでしまう。だから振り向かない。
ボスとかばんちゃんが船に乗り、フレンズ達は桟橋から帰っていきます。
が、何故かバスの荷台がかばんちゃんを追いかけます。
フレンズたちは、かばんちゃんを追いかけることを選んだわけです。
それが今までのナワバリでなくとも。

EDはまさかの2番。泣くって。もう、それはダメだって…
ぼくのフレンド、アニメを見てから曲を聞くと自然と涙が出てくるので運転中に流すのはおすすめしません。

そして、最後の最後、Cパートでフレンズたちの船がかばんちゃんの船に追いつきます。
そして、新たなフレンズが声だけ登場し、OPのイントロで〆。
2期への布石か?と思ったら放映直後に新作決定との話が…
2期になるかOVAになるかはわかりませんが、まだまだ旅は続くようです。
新たなちほーへ旅立つけものフレンズ、続きを早くよこすのです。






と、今回は校正もせず書き殴りました。
文体の不備や誤字脱字があればお詫びします。

さて、総括としては、上手くまとめてくれて本当にありがとうたつき監督。この一言につきます。
1話の再生開始1秒からの全ての時間が12話への伏線だったとは。
全部見たからこそ、12話の王道展開が染みます。
バトルシーンでピックアップされてたフレンズたちのセリフが本当に12話の旅と、かばんちゃんへの信頼を心で語ってくれます。
博士たちの「この島の長なので。」というセリフ、その後の背後に光る目。ジャガーの「かばん!生きてるー?」やタイリクオオカミの「現実のほうがホラー…」などなど…
でも、一番好きなのは、ライオンの「うちの子にー(いつもの声)、手ぇ出してんじゃねぇぞ(イケボ)」ですかね。
(話の都合上とはいえ)「私が処分する」と言っていたライオンが、「うちの子」と発言したのが、かばんちゃんへの信頼がどれだけ厚いかを物語ってくれました。
正直その一言だけでもう涙が止まりませんでした。

本当にありがとうたつき監督。そして、スタッフのみなさん。
素敵な世界を届けていただき、本当に…本当にありがとうございました!
そして、12話お疲れ様でした。



さて、ここまで感情を揺さぶられたアニメは多分初めてなんですが、何でこんなに感情移入してんだろうと思ったら、私達視聴者も気づかないうちにかばんちゃんやサーバルちゃんとジャパリパークを旅してたんですね。
様々なちほーを回り、フレンズ達に出会い、別れ、少しずつ成長していくかばんちゃんを見守りながら、12話へたどり着いたんです。
でも、それだけじゃ物語ものでは当然です。元々そういう「シナリオ」ですから。
じゃあ何が感情を揺さぶったのか、シナリオに出てこないどこで旅をしたのか。
答えは、映像です。
OPのバスのタイヤすら回せない低予算アニメでしたが、最初から「本当に見てほしいところ」にはこだわって作画されてたんですよね。
例えば、1話で歩き疲れて木陰で休んでるとき。
呼吸の速さの違いや、放棄されたテーブルがセリフには無いものの描写されてました。
その後も水場へ向けて崖を登るとき、滑り落ちそうになったかばんちゃんをあえて助けず、体制を立て直したあとに笑ってたり、セルリアン戦のあとのサーバルちゃんが持ってる紙飛行機がクシャクシャで、かばんちゃんが作ったものじゃなかったり…
セリフに出てこない、言わない部分でお互いが何をしたのか、どう思っていたのかが見えるんです。
見た当時は意識していなくても、人というのは不思議なもので、一度視界に入ったものは意外と覚えているものです。
だから、8話付近からのシリアス展開で一気に記憶が蘇ってきて感情を揺さぶられたんです。
けものフレンズが流行り始めた頃の評価は「IQが下がるアニメ」でした。間違いではありません。実際に3話まではかなりIQが下がります。
考察班の存在が出てくると「闇の深いアニメ」「絶対鬱展開になる」と言われました。
これも同じくそうなりました。
でも、それだけじゃないんです。
このアニメは、「感情を刺激するアニメ」なんです。
IQを下げてから不穏な要素を混ぜ、一気に鬱に叩き落としたあと王道展開で〆る…
陰陽混ざったこの展開こそが、視聴者を引き込み、そしてあたかもかばんちゃんと同じく旅をしているように思える。
だからこそ、フレンズたちの動きや発言一つ一つに一喜一憂するんです。
「本当に見せたいものを手抜きせず作った」から、低予算と笑われた当初の評価を覆せたと、そう思っています。
何度でもいいます。スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。
つまりはこれからもどうかよろしくね。





さて、思いのままを吐き出したら随分長くなりました。
個人的にはとても良いアニメだったと思います。
1話で人の心をつかむキャッチーさはないですが、それも全体のための犠牲。
12話見てください。きっとあなたの中の評価は変わるでしょう。

それでは、また次回。
私は、もう少しこの余韻に浸っていたい…
スポンサーサイト
  1. 2017/04/03(月) 03:08:32|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャパリパーク

お久しぶりです、今回は珍しくアニメのお話。

けものフレンズが世間を騒がせて早数週間。
最終回に向けて、現実世界のフレンズたちが阿鼻叫喚の地獄に陥っている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

さて、作品自体の詳しい説明や世界観はなんとなく世間の大騒ぎで伝わってるかと思いますので省きまして。
この作品を知ったのは今年のはじめ、もう既に1話が放映されてからでした。
獣耳キャラのアニメということで、ちょっと気になって調べたりはしたんですが、
・テレビ東京系列で地上波で見れないこと
・輪郭もはっきりしないCGでどう見ても低予算なこと
・とりあえずオタクを釣ろうとしてる?
みたいな勝手な事を考えて見てなかったんですが、再び注目したのは4話の放映が終わった頃。4話というと、あのツチノコ回ですね。
この頃から、Twitterのタイムライン上に「君は○○なフレンズなんだね!(フレンズ構文)」がやたらと出てくるようになりました。
今季でフレンズなんて単語が出てくるのは「けものフレンズ」一択。なんだそんなに面白いのか、じゃあ見てみるか。と、ニコニコで1話を視聴。(今思えばコレがすべての始まりだった…)
再生を開始して2分、『あーはー!』あたりで、「え…何このアニメ…。」、もう少し進んで『キノヴォリ!』あたりで「なんでこいつら見てるんだ…?」と、切ろうかどうか本気で悩み、なんとか23分を消化。
視聴直後の感想は、「なんだろう…この…なに?」でした。
23分見終わる頃には体に耐性がついていたのか、続きを見てもいいかなぁ。なんて思えるようになってました。ただ、ストーリーが全く読めないのと、あまりにもゆるすぎる世界観に戸惑っていたのも事実です。

それ以降しばらくはTLで話題を見るもスルーしてたんですが、とある場所でけものフレンズ2話以降を見る機会があり、「あれ?これもしかして面白いのでは…?」と思い始めます。これが2月10日。
2月10日にもなると、ニコニコのランキングにもOPのMADや本編映像の切り抜きが上がってくるようになってました。
この動画群で既に興味はマシマシ。あとは2話以降が有料なのが足かせでした。
そして、決定打だったのがニコ生での8話までの一挙放送の決定。1話を除いて全話有料のけものフレンズを見るにはここしか無い!と飛びつきます。
結果…見事にフレンズになりました。9話以降は毎回ニコ生TSしてます。
(特に9話のキツネ回は最高でしたね!え?温泉回?…キタキツネちゃんとギンギツネちゃん可愛すぎるでしょう?)

さて、このニコ生を見る少し前、考察班という存在に気づきます。ニコ生前に見るのはネタバレ感ありましたが、1話ですら伏線だらけだと気づき、一気読み。
その情報を元に8話まで見ると、このアニメがただユルいだけのアニメではないことに気づきました。
その後、9話・10話と、予想通り前半の伏線を回収する展開に入り、11話で…やられました。
見てると、何故か泣いてるんです。それもボロボロと。本気で泣いてるんです。
11話でズタボロにされた心を癒やしに1話に行っても、そこに広がるのは気づいてしまった伏線のサバンナ。
もはや我々はしんざきおにいさんに助けを求めるしかありませんでした…

考察班の記事や本編のいたるところから人類滅亡END他、どこかで鬱展開になるとは思ってましたが、11話で鬱化は本気でやられました…精神的に…
最終話となる12話がもう数日でニコ生配信されます。どんなENDを迎えるのかは、今現在、制作に関わった人間しか知りません。
我々に明かされる物語の結末はトゥルーエンドか、バッドエンドか…
12話が早く見たい。でも11話のラストが怖すぎて見たくない…。いや…物語が終わってほしくない…
無限ループENDでもいい…ジャパリパーク廃墟ENDだけは…それだけは…やめてくれ…

12話を待つフレンズに出来ることは信じることだけ。
たつき監督を信じろ…
よしざきが信じたたつきを信じろ…信じるんだ…

次の更新は、おそらく12話の放映後。
私がどんな内容を書くか…いや、書ける状態にあるか、ちょっとわかりません…
かばんちゃん、サーバルちゃん、アラフェネ、これまで遭遇してきたフレンズたち…
どのフレンズたちもまっすぐで、素直で、いい子たちだった…この世界はまだ滅んでほしくないんだ…
たつき監督…
  1. 2017/03/28(火) 01:55:42|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィギュア

らしんばんでキャス狐のフィギュアが5800円で売ってて、迷いに迷って結局購入。

PL使えば反射なくなるかなーと思ったらそうでもなかった。EXTELLAのはゲマズの特典。なんとなく並べてみた。
s-IMG_6290-2.jpg

かわいい。非常に可愛い。あとフィギュアってすごい撮るの難しい。(よりによってFigmaだから自由に動かせすぎる)
かわいい。非常に可愛い。あと尻尾と黒いのがめっちゃ緩くてすぐ取れる。(そういう構造っぽい)
s-IMG_6370-2.jpg

以上、購入報告でした。(キャス狐かわいい)
  1. 2016/11/28(月) 22:06:54|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆかりさんグラス

お久しぶりです。気づけばもう8月の中旬になっていますがいかがお過ごしでしょうか。
さて、今回も特に徳はないお話。


事の発端はつい数日前。
コミックマーケット(いわゆるコミケ)90の代行をお願いするために、作者さんのTwitterを飛び回ってたわけなんです。
そしたらですよ。いつぞやのゆかりさんオンリー(声月弐。詳しくは別記事参照。)で売り切れてたグラスやらマグカップが再販されてるじゃないですか!!!!!!!!

で、慌てて通販ページに行ったら、今後の再生産予定は無しとのこと…

これは……買うしか……ないな……?

というわけで、あっさり購入。(気になる方は、BOOTH!でRabbit Punch!とご検索ください。)
s-1.jpg




……

………

かわいい(確信)

上の写真はロックグラスですが、結局グラスタンブラーとマグカップも購入。
グラスタンブラーのゆか凛がかわいいのなんの…

あえて写真は載せません。気になる人は買いましょう。(ダイレクトマーケティング)

というわけで、ただのグッズ購入報告でした。
そのうちまたまともな記事も上げます…

ではまた次回!(く…9月中には…!)
ちなみに。このグラスを買ってから、我慢できずに無駄にロック氷とお酒を買ってきたのはココだけのお話。 続きを読む
  1. 2016/08/11(木) 20:42:13|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年春アニメ とか

どうも。最近まともな記事を更新してない気がしますが、今回もやっぱりまともな記事ではないです。

春アニメが始まりましたが、今のところ追っかけてるのは1作品。「くまみこ」だけです。
迷家とかもちょろっと見たんですが、アレは1話の内容がリアルガチすぎてうーんといった感じ…

で、くまみこの話をすると、ABパートそれぞれで完結のよくある短編ギャグ方式なんですが、登場人物はかなり少ない(4~5人?)せいもあってか、各キャラが濃いです。
特にメインのマチとナツの掛け合いは見ててほっこりします。(ほっこりしすぎて声優ラジオを久々に聞きました。)

物語の舞台は日本海側東北のど田舎(公式がそう言ってます)なので、共感できる部分が多くて楽しいやら悲しいやら…
とはいえ、ニコ生のアンケで「とても良い」が90%を超えてるので、まぁそういうことなんでしょう。

3話は色んな意味で衝撃でした。(特にAパート) その内ニコ動で配信されると思いますのでぜひ。

というわけで、ザックリでしたが個人的今季覇権アニメのご紹介でした。
ではまた。





























以下余談(めっちゃ個人的な話なので読まなくていいです)
アニメもマトモに見なくなって早数年。ケモミミに引っ張られた結果、他ジャンルへ手が伸びにくくなってるのは実感してますが、ここ1年ほどのハマリものを見てみると、決してそれだけが原因ではない気がしてきました。

まずはケモミミ。ケモミミと言っても狐狼猫あたりでしょうか。この要素が入ってれば8割方食いつきます。単純ですね。ただ、内容によっては深く踏み込めないこと多数。
ですが、そもそもケモミミ要素のある物語が少ないので、必然的にイラスト単体への評価となる場合が多いです。その場合は単純に絵の好き嫌いですね。大概好きですが。もちろん春画も

次にゆかりさん他VOICEROID系。ゲーム実況でよく見ます。特にゆかりさんは立ち絵も多く、動画も多ジャンルなので楽しい。あと公式が異常に活発なところが好きです。(二次創作も活発。オンリーが開かれるぐらい)
実況の他にも解説動画なんかも多くて、趣味と実益を兼ね備えたジャンルです(?)ちなみに、ゆかりさんはEX版買いましたが1年以上仕事させてません。そろそろ使ってあげたいなぁ…

そして和服もの・田舎もの。和服って言っても、着物や改造和服も含みますが。このあたりはケモミミと相性が良いのでまぁそういうことです。
はだけた和服とか、鎖骨が見える着崩しとか大好きです。特に、薄い着物じゃなくて厚めの和服の方が妄想が膨らm…
ごほん。まぁそういうわけで和服や和モノは好きです。
田舎モノは、生まれも育ちも田舎だから共感しやすいっていうのが大きいかもですね。(けど、のんのんとかの狙ってる田舎モノはあんまり…)

あとは神様系ですかねぇ。巫女服とかもこっちのジャンルに入ってきそうですが。
神社は建築物として元から好きだったので、そこに和服(巫女服)・ケモミミが追加されたらそりゃそうなるわな感が否めません。
神話や昔話なんかを元ネタにした物語もあるので、比較的万人がとっつきやすそうなジャンルではありますが、なぜか物が少ないジャンル。

ジャンル的にはこの辺が多いですね。やっぱりケモミミに引っ張られてるジャンルばっかりな気がしますが…
あと、具体的な名前を挙げるとすればアルペジオと空の境界、大神とかですかね。
アルペジオは艦これイベからのTVアニメでしたが、12話見て再放送も見て映画も前後編見ました。(後編は2回見た)
空の境界はFGOイベからで、まだほとんど手を付けれてませんが、和服+能力持ちのバトルもので個人的には結構好きなジャンルだったり。
和服で日本刀持って戦闘する女性は美しい。
大神は実況で知ってそのままPS3ごとお買い上げ。狼の神様を操作して田舎を駆けまわる神話昔話ごちゃ混ぜの物語で、完全に俺得。
神話というよりは昔話をごちゃ混ぜにして再構築した感じなんでとっつきやすく、操作も単純ですが、細々したミニゲームや作りこみがすごく、プレイに時間をかければかけるほどラスボス戦がキツくなるという鬼仕様のゲームです。(ラスボス戦は大体画面が歪んで見えるバグが発生します。主に涙で。)


と、ザックリ紹介しましたが、この3作及び前に上げたほぼすべてのジャンルに共通するのが「現実に存在しない要素が含まれる」といった点ですかね。
耳や尻尾の付いてる人間が現代に現れたら色んな意味で地獄絵図でしょうし、ボイロ系はそもそもが音声ライブラリなので存在しえません。和服や巫女服は現実でも存在しますが、ガチな和服を着てるのはババアばっかですし、薄手で安い着物のほうが優勢です。巫女服も、似てはいますが正式な巫女装束とは異なります。
神様も実体化して出てきませんからコレも現実離れしてますね。

で、ここまで現実離れしたものを好むのはなんでだろうと考えてみたのですが、思えばアニメやゲームをするのは仕事で荒んだ心を復旧させてもう1日、もう1時間を耐えしのがせるカンフル剤の一つなわけで、旅行に行ったり飯を食ったりするのと同義なわけです。
休みの日にわざわざ好き好んで会社の近くまで楽しそうに行く人はそういないでしょうし、嫌いな人と飯を食っても荒んだ心は回復しません。それどころかゲージが減っていく一方です。
となると、現実味のあるモノではどうしても現実を思い出してしまうから。という理由なんだろうなぁと。
特に、物語全体の流れとして常に重い話ばっかりの奴とか、バトル物以外で人の生死に関わるような感じのモノはダメですね…
だってゲージが回復しないんですもん。
あと、いつまで経ってもウダウダと議論を続ける哲学系の話。アレも無理です。議論をするなら結果を出せよと。
こういうところは妙に現実主義なのが自分でも謎です。話のテンポが悪いのが嫌いなんでしょうね多分。

ということで、自分なりに自分を分析した結果さらに自分がわからなくなってきました(
まぁ要は自分の好きなモノを見たいだけなんですが、周りにこの手のジャンルが好きな奴がいなくてディープトークできないので最近ちょっと欲求不満気味。
ケモミミ・和服・神様ほか、さっきのジャンルが好きな人、とことんまで話し合いましょう(笑)

とまぁ、完全におまけが本編みたいになってますが、とりあえず、このレポートをリア友の某氏にぶん投げておいて今回の更新は終わりです。
また次回の更新でお会いしましょう。
  1. 2016/04/18(月) 20:13:15|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

天神テツ

Author:天神テツ
JRやら私鉄やらで撮影とかしてる人。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

遠征・取材 (19)
JR西日本・貨物 (12)
山陽電車 (7)
阪神電車 (7)
阪急電車 (0)
アニメ (10)
その他 (13)
ニコニコ動画 (4)
狐鉄 (0)
ブログ管理用 (0)
鉄道模型 (1)
パソコン関連 (1)
日本語の練習 (2)
ドライブ (1)

リンク集

検索フォーム

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。