FC2ブログ

青空のもとで -別館-

きつね、たび、のりもの。

四国旅行 #02

お久しぶりです。2ヶ月更新できなくて申し訳ないです。
4月から新生活が始まってなかなか時間も取れず…と言った状況です。(でもPS3買って大神やったけどね)

久しぶりの更新ですが、ここしばらくどこにも行ってないし撮影もしてないので、3月頭の四国旅行の写真でもチラチラと。

お暇な方は、写真を見ながらどこに行くか推理して、山陽Pと同じ気持ちを味わってみては?
ちなみにヒントは「TJ」です。(東上線じゃないです。念のため。)


荷物を持って無事に(?)三宮に帰ってきた山陽Pと合流し、ミント神戸1Fのバスターミナルへ。
中国・四国方面への高速バスがずらっと並んでますが、私達が乗るのは23:30発の「ジャンボフェリー連絡バス」です。
IMG_3680.jpg


フェリー連絡バスとは言っても、事実上ただの路線バス(210円後払い式)なので、車両も普通のエアロスターでした。
路線バスなのでだれでも乗れますが、時間も時間なので車内にはフェリー利用者しかいませんでした。
IMG_3682.jpg


神戸港・新港第3突堤のフェリーターミナルに到着。乗船手続きをしてから時間があったので、3Fの展望デッキに出てみることに。
場所の関係上、市街地の方は見えませんが、それでも目の前の神戸大橋の夜景は思わず声が出るほど綺麗でした。
IMG_3686.jpg


今回お世話になる「りつりん2」が入港。大型フェリーに乗るのはこれが初めてなので期待と不安と緊張が入り混じった不思議な感じ。
まぁ乗ってしまえばあとは寝るだけなので、酔わない限りは大丈夫だと思うんですけどね…
IMG_3689.jpg


乗船後、売店でうどんの販売があるとのアナウンスが有ったので、寝る前に讃岐うどんを食べてお腹も膨れたところで就寝。
2時頃に寝て、高松東港到着予定が5時15分。一応アラームかけてましたが、5時前にジャンボフェリーの歌が大音量で流れるサービスで無事起床。
荷物をまとめてフェリーから降りた後、待っていた連絡バス(高松は無料の専用バス)に乗車して高松駅へ。

高松駅のみどりの窓口でとある切符を発券し、いざホームへ。
乗車する「しまんと1号」はすでにホームで待機中。行き先を見て、「この列車に乗ると四国を縦断することになるぞぉ~。」と山陽Pを脅しておきました。
IMG_3704.jpg

しまんとの横にはJR四国の最新鋭車両8600系が。乗ってみたかったんですが、今回結局当たりませんでした…残念。
こいつも最初出てきた時は、ヨーロッパの特急を思わせるぶっ飛んだデザインにびっくりしました。
IMG_3696.jpg

で、そういえば甲種輸送撮りに行ったなーと思い出して写真漁ってみたら、なんと同じE12編成でした。
帰ってきてから気づいてかなりびっくりしました(
s-IMG_1928-2.jpg

で、当時はそんなことも知らずに「しまんと1号」に乗車。今回乗ったのは写真の通りグリーン車。
そう、今回はバースデイパスを使ってグリーン車での旅行です。あれホント安すぎるぐらいです。
IMG_3706-.jpg

特急に乗ること1時間。阿波池田駅に到着しました。山陽Pは「あなみいけだ」と呼びやがってくれましたが(
ここで朝食を調達して、次の列車に乗換えです。
IMG_3713.jpg

行き先幕が回ってませんが、折り返しの琴平行きです。高松から来たので戻る形になりますね。
この日は普通に平日だったので、地元高校生に揉まれながら移動する変な旅行客になってました。
IMG_3715.jpg

さぁ、わざわざ阿波池田から戻った理由。そして、最初の目的地である「坪尻駅」です。
朝7時ですが、あたりは山に囲われまだ少し暗く寒い駅でしたが、気持ちの良い駅でした。
IMG_3753.jpg

停車と同時に特急を待避。この勾配の差がスイッチバック駅の面白いところですよね。
25‰を高速で下ってくる特急はホームにいてもかなりの迫力でした。
IMG_3721-2.jpg

各駅停車が出発すると、終端駅によくあるATS地上子が連続している光景が。
こういうの、なんか好きです。速度照査付いてたら運転する側は結構しんどいような気もしますが…
IMG_3752.jpg

対向の特急を流し撮り。勾配を登っていくのでエンジン音も大きく、こっちの方が面白いですね。
写真自体は、速度に慣れてなくて構図もめちゃくちゃですが(((
IMG_3733-2.jpg

しばらく列車が来なくなったので、辺りを探索。廃屋のそばに、なぜか朽ち始めているバイクが…
ここまで来たライダーがいたんでしょうかね…?田舎に放置されてるものは不思議がいっぱいです。
IMG_3761.jpg

駅舎と列車を入れたくなって、謎な構図で狙い始めるの巻。
イメージ的にはもうちょい斜めが良かったんですが、いかんせん線路があって立ち入れないのでこれで。
IMG_3784-2.jpg

1時間半も待つのは結構苦痛なんじゃないかと思いましたが、案外楽しく、あっという間にお迎えの列車がやって来ました。
この列車で、再び阿波池田駅に戻ります。(スイッチバック駅に来てスイッチバックを通っていないという…)
IMG_3801.jpg


さて、今回はここまで。冒頭を見て推理してくれた人は何人いらっしゃるでしょうかね?(
いてもいなくても、行き先は四国・土讃線・阿波池田から戻るで大体バレてる気がしますが。
3月の坪尻駅はさすがに寒かったです。だからといって夏に行くとマムシの危険があるので難しいところですが…
まぁでもトイレもありましたし、いわゆる「秘境駅」と呼ばれる部類の中では、割と過ごしやすい駅なんじゃないでしょうかね。わかんないけど。


と、適当に坪尻駅について書いておいて、次回は阿波池田に戻ったところからです。1ヶ月以内の更新を目指します(涙目
では、また次回の更新で!
スポンサーサイト
  1. 2015/05/13(水) 23:59:06|
  2. 遠征・取材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆきつづね

Author:ゆきつづね
きつね、たび、のりもの。

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

遠征・取材 (19)
JR西日本・貨物 (12)
山陽電車 (7)
阪神電車 (7)
アニメ (2)
ニコニコ動画 (4)
鉄道模型 (1)
パソコン関連 (3)
ドライブ (1)
その他 (7)

リンク集

検索フォーム

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: