FC2ブログ

青空のもとで -別館-

きつね、たび、のりもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちょいと京都へ

どもです。気付けば10月も下旬になって朝夕はかなり寒くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ちょっと前に胃腸炎で40℃の熱が出たりしましたが、私は元気です(

で、昨日は仕事が休みだったので、シーズンオフ(でもない?)の京都までちょいとドライブに。
国道2号→国道171号→国道1号を経由してイオンモールKYOTOへ。
最初は清水寺に行く予定だったんですが、駐車場代がアホみたいに高かったのと、とりあえず昼ごはん食べようってことで。
イオンに行けばとりあえずなんかあるだろうと考えてしまう辺りは田舎民ですね(((

で、お昼ご飯も食べてしばらくどこに行こうかと悩んでたんですが、山の方に行けば紅葉始まってるかな?と思って、JR保津峡駅へ向かうことに。
イオンモールKYOTOから国道1号→京都府道38号→京都府道187号→京都府道29号→京都府道50号を通って保津峡駅へ向かったんですが…

京 都 府 道 5 0 号 が 酷 か っ た 。
写真の部分はまだ車線の広いところで、1.3車線?ぐらいあったんですが、保津峡駅方に行くに従って狭くなって…
「腐道」とは言いませんが、普通に山越えの道でした。しかもクルマがATの軽だったんで登らない登らない…
KYOTO-01.jpg

なんとか登り切って保津峡駅に到着。やっぱり山道走るなら断然MTですね…
駐車場らしいスペースに車を止めて、駅前をちょこっと散策することに。
無人駅だし駅ん中入れるかな?と思ったら、流石に簡易改札と簡易券売機(ボタン式の近距離だけのやつ)が設置されてました。
KYOTO-02.jpg

列車来ないなー。とか思ってたら、川下りの船が通って行きました。夏場だと気持ちよさそうですけど、この時期になるとちょっと寒そう…
対岸の水平になってるところが嵯峨野トロッコの線路なんですが、トロッコ来ませんでしたorz
s-IMG_5718.jpg

駅前を軽く散策して、どこへ行こうか…というか「どうやって帰ろうか」考えたんですが、京都方に戻るのは流石に気が引けたので、まだ道がマシそうな亀岡方へ抜けることに。
保津峡駅から京都府道50号→国道477号→京都府道405号→(京都府道402号→)京都府道403号を通って亀岡駅へ。
こっちはこっちで坂がキツかったり(Lレンジでなんとか…)、1車線もないようなとこでガードレールが無かったりしましたが、京都方に比べればまだマシでした。

で、亀岡駅前で駐車場を探してたらSEIYUを発見したので、車中泊用に色々とお買い物。
純粋に山を降りる目的地として設定しただけなので、特にやることも無くすぐさま京都方面へ。
SEIYUからクニッテルフェルド通り→国道9号で、山越えなのに2車線あることに感動(?)しながら京都市内へ。
その後、京都府道140号→京都府道201号→国道171号→久世橋通り→十条通りを通って鳥羽街道駅へ。
駅前の一方通行に阻まれながら、なんとか駐車場に到着。時刻はすでに17時半。辺りはすでに薄暗く…

そんな時間にどこ行くんだお前って言われそうですが、ここから京阪電車に乗ってとある場所へ。
準急に乗ってわずか2分。降りた駅は「伏見稲荷」。伏見稲荷大社の最寄り駅です。

ということで、京都に来たらほぼ毎回立ち寄ってる伏見稲荷大社に到着。この朱色の楼門がいつ見ても綺麗なんですよねぇ。
建物的にはここがメインと言っても過言じゃない?気がします。千本鳥居とかも綺麗ですけどね。
そういえば、伏見稲荷大社の建物や鳥居に塗られている朱色は「稲荷塗り」と言うそうです。普通の朱色よりもオレンジに近い明るい色なんですよね。
s-_MG_5737.jpg

お狐様をシルエットに楼閣を撮影。シルエットの黒と楼閣の朱色で、ちょっと怪しい雰囲気なんですよね。
この雰囲気が好きなんで、伏見稲荷大社に行くのは大抵日暮れからなんですが、本来は日が沈んでから参拝しに行くのはあまり良くないんですよね。
夜は神様の世界なので立ち入らないほうがいい。とか、夜は神様もお休みになるので立ち入らないほうがいい。とか、いろんな説はありますが。
s-_MG_5752.jpg

楼門をくぐると本殿(写真撮ってない…)があります。
この本殿の中央に鎮座している神様が「宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)」。お稲荷さんと言われる穀物神です。
その名前や由来には様々な説がありますが、一説には太陽神「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」との関係性があるらしく…
とかそんなことまで調べだすと訳わかんなくなってくるんですが、八百万の神様と言われるだけあって色んな神様がいるんだなぁ…と。
そういえば、お稲荷さんといえばイメージされるのは「狐」ですが、正確にはお狐様は「稲荷神社の神使」であって、神様ではないんですよね。
じゃあなんで神使が狐なのかというと、宇迦之御魂大神は別名を「御饌津神(みけつかみ)」といい、これがキツネの古名「ケツ」を想起させるため。という説が有力のようです。

稲荷神社の神使である一方で、「狐に化かされる」「狐憑き」「九尾の狐」などなど、妖狐として昔話にもよく登場しますが、これも狐が信仰において重要な役割をしていたことの名残という説があるそうです。
ちなみに、妖狐にもランクがあり「九尾の狐(1000年近く生き尻尾が9本ある狐)」→「天狐(1000歳を超え強力な神通力を持った善狐)」→「空狐(3000歳を超え神通力を自在に操れる大神狐)」となるそうです。
天狐や空狐になると、基本的に人間に対して悪さはしないと言われています。
また、狐が女性に化けて子を産むと、その子供には神秘的な能力がある…という話もありますが、これも狐が豊穣や富のシンボルであったのが由来という説もあります。

それに関連して…(以下白文字反転)
狐耳っ娘に巫女服や和服が異常にマッチするのも、不思議ちゃんだったり怪しい雰囲気だったりSっ気があったりしても基本的に違和感がないのは、昔話として日本人の心の中に刻まれているからではないでしょうか。
上にも書きましたが、「狐=神様(の使い)=悪戯をする動物(人ならざるもの)」の3つをセットとして認識しているからこそ、狐耳っ娘には他の獣耳っ娘にはない神秘性や魅力があるんだと思います。
「のじゃロリ(というかロリババア)」が多いのも、年を重ねた狐でも、人に化けると若い女性。という昔話にありがちなシチュエーションからの派生だと思ってます。
あとは九尾の狐から連想される尻尾。尾が多かったり大きかったりフサフサでモフモフだったり。その辺は動物としての狐の印象とも被りますね。
農耕民族である日本人の生活に大きく関わってきた狐の話や絵はもっともっと増えていいと思うんですけどねぇ…
人と狐が交わる昔話もいくつかありますし、そういうのもドンと来い。っていうかマジでそっち系が少なすぎて、どこに探しに行っても同じ奴ばっかりっていう…
で、なんでココを白文字反転にしてるかって言うと、単純に知らない人が見ると気持ち悪いのと、こんな下心丸出しな文章を神様に見られたらぶっ飛ばされんじゃねーかっていうアレからです。


と、ここまで連々と描いてきましたが、情報はすべてネットからです。専門書物がなくても、ちょっとカタカタするだけでここまでの情報が集まるんですから、いい時代に生まれたもんです。
もちろん、ネットの情報なので信憑性の面で不安はありますが、専門家でも様々な説が出るぐらいですから、個人の知識欲を満たすぐらいならネットでも十分かな…という感じ。
気になった人は調べてみると面白いかもしれませんね。Wikipedia流し読みでも、へぇーぐらいは分かりますし。

だいぶ話が飛躍してしまいましたが、楼門付近でしばらく撮影したあと参拝しました。
そのまま四ツ辻のとこまで登ろうと思ったんですが、道覚えてなかったんでやめときました。
夜の稲荷山は迷うとホントに降りれなくなる可能性がありますからねぇ…

てな訳で伏見稲荷大社を後にして、鳥羽街道の駐車場へ戻り、車中泊の場所探し。
京都付近に良さそうなとこがなかったので、師団街道→京都府道35号→国道24号→国道25号を通るつもりだったんですが…
なぜか国道24号から奈良県道192号のルートをナビが示していたので、不思議がりながらそのルートへ。
非名阪もびっくりの暗さ&狭さ&勾配。軽で1台やっと通れるような道幅の道を延々進んでいくと、徐々に山の中へ。
ついにケータイの電波すら入らなくなり、「このまま異世界に行かないだろうな…」などと変なことを考えながら(さっき夜の伏見稲荷大社に寄ってたから余計にそう感じたのかも…)、なんとか福住ICへ。
名阪国道の灯りが見えた時は心底ホッとしました。もう絶対ナビで距離優先なんか出さないと心に誓った瞬間でした…
その後、針ICで降りて針T・R・S(針テラス)で車中泊。
針テラスの駐車場には駐車位置を示すアルファベットの代わりに動物がいます。今回は狐のところに狙って止めましたw

今日は朝から仕事だったので、朝3時に起床して名阪国道→西名阪道→阪神高速14号松原線→1号環状線→16号大阪港線→3号神戸線→国道2号で帰ってきました。高速道路の有り難みを知りましたね。高かったですけど…



京都ドライブ(ほんとにほとんど走りっぱなしだった)は楽しかったですけど、やっぱ京都は車で行くとこじゃないですね…
というか、思い返せばまともな写真付き記事の更新って6月以来だったんですね。(今回は半分以上文章書いてますけども…)
毎月1回は更新したいなーと思うんですが、Twitterに上げたほうが手っ取り早いなーとか考えちゃったり。
旅行自体はチマチマ行ってるんで、その内またブログでも書ければいいなーと思います。
それでは、また次回の更新で!(11月中…には…多分…)
スポンサーサイト
  1. 2015/10/20(火) 18:30:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

ゆきつづね

Author:ゆきつづね
きつね、たび、のりもの。

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

遠征・取材 (19)
JR西日本・貨物 (12)
山陽電車 (7)
阪神電車 (7)
アニメ (2)
ニコニコ動画 (4)
鉄道模型 (1)
パソコン関連 (2)
ドライブ (1)
その他 (7)

リンク集

検索フォーム

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。