FC2ブログ

青空のもとで -別館-

きつね、たび、のりもの。

兵庫県道80号 相坂隧道(+α)

お久しぶりです。前回の更新からすでに1月経っていて、新年度の時間の流れの早さに驚きを隠せません。(言い訳)

さて、いつも通りネットの海を漂っていたところ、近所に面白い場所があるのを発見しまして…
タイトルにもありますが、兵庫県道80号(以下r80と表記)の「相坂隧道」という場所です。
ヒットしたのは心霊スポットとしてだったんですが、総レンガ造の隧道(トンネル)が残っているのは貴重という他無く、よく見れば前後の道も怪しい…?
ということで、車もあることだし…と半ば無理やり理由付け、いざ現地調査へ!


今回の旅の始まりはJR香呂駅。姫路バイパスから国道312号へ抜け、播但線とほぼ並走しながらやって来ました。
さて、ここから相坂隧道を目指してr80を進んでいくのですが、r80を県道の緑色で塗り分けてくれてたので、地図いらずで快適でした。
やっぱナビはいいですね。このナビ道路情報2009年のままですけど。
hg_r80-1.jpg

播但線を渡り、いざr80へ。しばらくは2車線ですが、すぐにセンターラインはなくなり住宅街によくある1.5~1.8車線レベルへ。
とはいえ、ヘキサもあって山越えの県道としてはこれぐらいなら至って普通といった感じ。
hg_r80-2.jpg

住宅地が終わり、いよいよ山道らしくなってきましたが、道幅は相変わらず1.5~1.8車線程度で特に変化なし。
こういう道を窓開けて30km/hぐらいでゆっくり走るのが最高に気持ちいいと感じるのは私だけですかね…
hg_r80-3.jpg

そのまましばらく進むと、4t以下通行不能と幅員減少の看板が同時に出現。どちらも兵庫県による設置物で、県道として一応管理はされてるようです…
で、白線は右側へ続いていますが、r80はココを直進が正しいようです。…嘘やろ?(ちなみに、県道より太い右への道は八葉寺というお寺で行き止まり。)
hg_r80-4.jpg

ということで、さっきの分岐(疑惑)を直進すると…きたきたきた来ましたよ!山越えの1車線道路が!!! 逆向きですがヘキサもあり、r80で間違いないようです。
流石にココを通る車は少ない…と思ったら普通に後ろから地元カーらしき軽トラが登場。待避所なのかも怪しい待避所(未舗装。てか土。)で道を譲り、再び先を目指します。
hg_r80-5.jpg

道幅は狭いですが、流石に県道だけあってかヘアピンで少しずつ高低差を詰めていく線形で楽々登っていると…直進方向に道がない?
とおもいきや、道は左へ直角カーブ。そして、突然現れた2.6m制限とカーブミラー、そして手前の待避所…これはまさか…?
hg_r80-6.jpg

来ました。峠、特に旧道で直角カーブからの隧道パターンはあまりにも多い気がしますが…

「相坂隧道」

大正10(1921)年竣工。延長69.5m、幅員1.9m、高さ2.7m(ただし2.6m制限)という、現代から見れば貧弱すぎる隧道です。
ですが、当時の香寺町の年間予算の半分を使ったと言われるこの隧道は、それだけ重要なものとされていたのではないでしょうか。
データはさておき、外見としてはレンガ造なので美しいアーチが見えています。最近のコンクリ打ちっぱなしの坑口とは比較になりませんね。
ちゃんと扁額があるのも嬉しいポイント。右から左へ書かれているので、恐らくコレも竣工当時から…?
車を止めて色々見てみたかったのですが、仮にもここは生活道路。さっきの軽トラのように少ないとはいえ交通はあり、本線上への駐車は困難と判断し、通過するのみにとどめました。
hg_r80-7.jpg

隧道内は蛍光灯が追加された程度で、モノ自体はほぼ95年前そのままじゃないですかね。
アーチ部分はレンガ造ですが、下半分はコンクリートブロック?のようなもので造られてますね。単純なコンクリ巻立ではなさそうです。
私は軽なので幅に恐怖することはありませんでしたが、普通車となるとちょっとギチギチでしょうね…
hg_r80-8.jpg

隧道を抜け、西口へ。こちらは(東口に比べて)見通しも良く、軽×軽ならギリギリ離合できると判断し、ちょっとだけ撮影。
が、こちらは坑内の蛍光灯の配電盤があったり、扁額が無かったりと坑口としては若干不完全状態…
とはいえ、レンガ造の隧道と撮影できる場所はかなり貴重ではないでしょうかね?
hg_r80-9_.jpg


隧道の上にも結構な土被りがあり、切通しや迂回路ではトンネル以上に予算がかかりそうな感じ。
隧道の狭さについては、手前の道路幅や私のクルマ(全幅1.48m)と見比べていただければ分かるかと…
hg_r80-10_.jpg

特に説明することはないですが、この斜め構図が好きなので載っけときます。クルマの白とレンガの赤(?)がいい感じのコントラスト差ですね。
hg_r80-11.jpg

もうちょっとしっかり撮影したかったのですが、他車の交通が来るのを恐れ、10分経たずにそそくさと撤退。
去り際にミラー越しで最後の一枚。扁額があれば良かったんですけどねぇホント…
hg_r80-12.jpg

相坂隧道を抜けると、道は1.5車線程度に回復。まもなく6月、新緑がキレイですね。
峠の前後で道幅が違うのはよくあることなんでしょうかね…?笠間峠なんか差が酷かったですけど…
hg_r80-13.jpg

数百m進むと1.5車線から、センターラインもある正真正銘の2車線道路になりました。
今までの交通量と、ボトルネックの相坂隧道を考えれば、2車線にまで拡幅する意味はあまりない気もしますが…
hg_r80-14.jpg

峠にありがちな「一部だけ2車線」かと思ったら、そのままずーっと2車線じゃないですかコレ。ヘキサがあったので、撮影ついでに地元カーを先に行かせます。
と、撮影してから「姫路市」部分が書き換えでないことに気づきました。香寺町が姫路市に編入されたのは2006年。このヘキサ、意外と新しい…?
hg_r80-15.jpg

その後も2車線は続き、まさかの大型トラックとすれ違い。とはいえ、それ以外何もなく、r80をトレースするだけの作業に…
すると、2つ目の峠区間へ突入。異常気象時通行規制もかかり、これは再びの…!
hg_r80-16.jpg

やっぱり来ました1車線!…と思ったのもつかの間、1つ目のカーブを越えると2車線に復帰。その後、狭隘区間が姿を見せることはなく、兵庫県道67号(以下r67)との交点へ。
この先、r67を少し北上すればまたr80は出てくるのですが、事前調査でそっちはなにもないのを把握していたのでr67を南下し、姫路市内へ抜けました。
hg_r80-17.jpg




ということで、兵庫県道80号「相坂隧道」の紹介でした。
峠越えですが、相坂隧道~八葉寺分岐以外は道幅も広く、狭隘路線初心者でも比較的簡単でした。(ただ、隧道~分岐は前方をよーく見ておかないと泣きを見る気がします…)
今回は香呂駅側からでしたが、r67側から進入したほうが驚きは大きい気がします。だって今まで2車線だったのが突然1車線のトンネル+その先の狭隘区間になるんですよ…?(おお怖

とはいえ、文化財としての価値は姫路市も見出しているのか、姫路市観光コンベンションビューロー(観光協会)のHPにも記載がありました。

相坂隧道

(お一人様満喫になってるけど駐車場がないからそこまで満喫できn…)

アクセス性も悪くなく、僅かな交通に注意すれば100年前の隧道を通ることの出来る兵庫県道80号。
気になる方は一度行ってみてはいかがでしょうか。(無理やりな〆)

ということで、今回はここまで。
また次回お会いしましょう!(次回のマトモな更新はいつになるやら…)
追記ではないのですが、本編とは関係ないのでこっちで。

これを執筆するにあたって、グーグルマップで相坂隧道見てたんですよ。そしたらね…


なんか相坂隧道の隣に旧道らしき道があるじゃないですか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
隧道が出来るってことは旧道もあってしかるべきだとは思いますが、隧道の竣工が95年前ということは、旧道も95年前に役目を終えているはずで、現代のオンラインマップに載るはずがないんです。
hg_r80-2-1_.jpg

もう一回行って調査してもいいんですが、前述の通り駐車場がないのでなんとも…
バイクかチャリで行かれる方、チラ見でもいいので探してみてください。95年前の道に出会えるかもしれませんよ…?
スポンサーサイト



  1. 2016/05/30(月) 21:38:06|
  2. ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゆかりさんグラス | ホーム | 姫路から梅田・難波へ、もっと早く、もっと便利に。 3/19(土)ダイヤ改正>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tentetsu.blog.fc2.com/tb.php/80-a94300e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆきつづね

Author:ゆきつづね
きつね、たび、のりもの。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

遠征・取材 (19)
JR西日本・貨物 (12)
山陽電車 (7)
阪神電車 (7)
アニメ (2)
ニコニコ動画 (4)
鉄道模型 (1)
パソコン関連 (3)
ドライブ (1)
その他 (7)

リンク集

検索フォーム

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: