青空のもとで -別館-

きつね、たび、のりもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RAW現像

どうも。絶賛連載中(?)な山陰ツアー編ですが、ここらで少しブレイクタイム。
お好きな飲み物とお菓子をご用意ください。(正直自分への備忘録です)



さて、今回は「RAW現像」についてのお話。
普通「現像」と聞くと、フィルムをお店に持っていってL版ないしL2版程度にしてもらうことを言うと思いますが、デジタル時代の昨今そんなことをする人も少なくなりました。
では、「RAW現像」とはなにか。ざっくり言ってしまうと、カメラで撮影した「生データ」を「写真」として完成させる工程のことです。

デジタル一眼や少し高価なデジカメには、記録方式として「RAW」と「JPEG」が選択できるようになっています。「RAW」が「生データ」、「JPEG」が「写真」と言った感じですね。
ですが、RAWデータは通常そのままでは開くことができません。(カメラ会社公式のものやフォトショップ等が必要になります。)
しかも、JPEGデータと比較すると容量がかなり大きいです。(JPEGデータ5MBに対してRAWデータ30MB越え。なんてことも…)
これだけ聞くと、わざわざRAWを選択するメリットはなさそうに思えますが、RAWの真価は編集時に現れます。

編集はJPEGデータでも可能です。しかし、詳しいことは省きますがJPEGデータは編集すればするほど劣化していきます。
撮影時にはなかった変なノイズが乗ったり色調がおかしくなったり…なんてのはよくある話。
対してRAWは撮影時のデータがそのまま残っているため、かなり大幅に加工しても無劣化の状態でJPEGとして書き出すことができます。
この「無劣化で書き出せる」というのがRAWの最大の利点です。



…ということで、長々と喋ってきましたが、実際に編集してみようと思います。
今回素材にするのはこちら。山陰ツアーでの1コマです。山陰ツアー本編には未登場。そのうち出てきますよ…
何の変哲もない建物の内装写真…と言った感じです。
RAW1.jpg



さて、ここから編集していくわけですが、まずはある程度の方向性と完成形をイメージしておきます。
この写真だと、「木造建築らしい暖かさ」・「歴史を感じられるセピア調風味」の2つを大黒柱として編集を進めていきます。



まずはDPP(Digital Photo Professional)を起動。CANONでのRAW現像ソフトの名称なので、Nikon他では違ってると思います。
この段階では、まだ写真を読み込ませただけです。ここから左下の「編集タブ」で編集をかけていきます。
RAW2.jpg

編集タブを拡大。左が読み込み時、右が編集後です。
最初にホワイトバランスを変更します。撮影時のオートモードから、色温度モードに変更。通常は5000K前後になってるはずです。
ここから編集を加えていくわけですが、一番上の明るさ調整、中段付近のコントラスト・色合い・色の濃さは、次の工程で編集するので飛ばしてください。
結局、RAWタブで弄るのはホワイトバランス、ハイライト、シャドウくらいでしょうか。
あ、ピクチャースタイルも風景なら風景のままでいいです。後は触って慣れてください()
RAW3.jpg

さて、RAWタブで編集を終えた写真がこちら。色温度9700K、ハイライト-2、シャドウ-3に設定しました。
色温度は上げると暖色系、下げると寒色系になります。今回はおもいっきり暖色に寄せた感じですね。
最初よりはコンセプトに近づきましたが、まだ全体的に白いというか薄いというか…ということで次の工程です。
RAW4.jpg

またまた拡大です。今度はRAWタブの隣のRGBタブで作業していきます。明るさ・コントラスト・色相・彩度…さっきも見ましたね?
RAWタブでこれらを飛ばしたのは、こちらで編集したほうが細かく設定できてわかりやすいから。
というわけで、これら4つとシャープネスを少しいじってみることにします。
上半分はトーンカーブですが、慣れていないと扱いにくいので割愛します。(慣れるとすっごい楽。)
RAW5.jpg

さてさて、こっちも過程をすっ飛ばして完成です。
色々模索した結果、明るさ-18、コントラスト+20、色相0、彩度100、シャープネス50に落ち着きました。
この調整が一度終わったら、一旦休憩しましょう。長時間画面を凝視していると、目が馬鹿になって色がどんどん濃くなります。
正直な話、この色もTake3ぐらいです。とはいえ、最初に大方決まっているので微調整レベルですが。(その分目を凝視することになる悪循環ェ…)
RAW6.jpg

ということで、完成品がこちらになります。
当初のコンセプトだった「木造建築らしい暖かさ」・「歴史を感じられるセピア調風味」はなんとなく表現できたかな。と思ってます。
色の濃さや色調に関しての評価は、見る人次第で変わってしまう部分もあるので一概にはいえませんが…
RAW7.jpg

では、ここでもう一度撮影時そのままの写真と見比べてみましょうか。はいどーん。(上下で見比べてみてください。)
RAW1.jpg



どうでしょう?なんてことない普通の内装写真がちょっとは幻想的になったかな…?という感じですね。
こんな感じで、RAW現像は写真のイメージを変えてしまうことが出来ます。JPEG編集だけではなかなかこうはいきません。
編集を重ねた写真は絵画になる。なんてことも聞いたりしますが、「撮影時のイメージに近づける作業」という意味では、決して悪いものではないと思います。
少なくとも、自分のイメージ通りの写真が出来上がったときはホントにテンション上がりますよ。

※完成品の等倍サイズをFlickrに投げてます。ご覧いただきコメントいただけると嬉しいです。
 次回以降の編集の参考にさせていただきます。

ということで、今回は謎のテンションで始まった「超個人流RAW現像講座的な何か」でした。
次回からはまた山陰ツアー編を再開します。それでは次回、本編でお会いしましょう!
スポンサーサイト
  1. 2016/11/13(日) 20:46:54|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山陰近代建築巡り 1日目(後編) | ホーム | 山陰近代建築巡り 1日目(前編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tentetsu.blog.fc2.com/tb.php/84-cc845c94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆきつづね

Author:ゆきつづね
きつね、たび、のりもの。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

遠征・取材 (19)
JR西日本・貨物 (12)
山陽電車 (7)
阪神電車 (7)
阪急電車 (0)
アニメ (10)
その他 (13)
ニコニコ動画 (4)
狐鉄 (0)
ブログ管理用 (0)
鉄道模型 (1)
パソコン関連 (2)
日本語の練習 (2)
ドライブ (1)

リンク集

検索フォーム

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。