FC2ブログ

青空のもとで -別館-

きつね、たび、のりもの。

色温度

どもです。備忘録です。

さっき上げた雪の伏見稲荷大社の写真を現像する時に、色温度はかなりいじってます。
てことで、特に色温度弄って印象が変わった2枚に関して載せときますね。

まず最初は千本鳥居で撮ったやつです。見た印象としては近いんですが、写真として雪の冷たさを出すとなるとなんか違うなぁ…って思いまして。
オートでは色温度は5500Kほどでした。5000K超えてるので暖色寄りですね。
IMG_7251-0.jpg

で、これがブログ掲載分。色温度は(確か)4500Kだったかな?1000K減らした形ですね。
雪の白さと冷たさ、鳥居の朱色がより鮮明に浮き出たのがおわかりでしょうか。
IMG_7251.jpg

で、これを書くにあたって再現像したやつ。色温度を4600Kに100K上げる代わりに、シャドウと明るさを落として時上の写真よりアンダー気味に仕上げてます。
といっても、ほとんどわかんないですね…
IMG_7251-3.jpg

続いて2枚目。こっちのほうがわかりやすいかな?こちらも見た目にはこんな感じでした。
まぁもちろん不満があるので編集行きです。色温度は5600Kでした。
IMG_7257-0.jpg

ブログ掲載分。色温度は4600Kに設定して、こちらもアンダー気味に。背景が白いので多少キツめのアンダーにしても案外普通という。
全体的に赤と白、あとアンダーにしたので木々が黒くなってるのが目立ったのが伝わりますかね…?
IMG_7257.jpg

で、再現像版。上の写真より300K下げた4300Kに変更。そして更にアンダーに。
この辺はその時のテンションと個々人の感性なのでなんとも言い難い部分ではありますが、個人的には上の写真よりも雪の冷たさと山奥感、通路の妖しさが増したと思ってます。
IMG_7257-2.jpg


ということで、今回も編集のお話でした。基礎的なことですけど、自分で触ると色々発見があって楽しいですよねー。
ただ、現像は何回やっても正解にたどり着くことはない(見る側の環境によって色は変わる)ので、適当なところで妥協するのも一つだと思います。
まぁでも、何か伝えたい意図があって写真を撮ったのなら、一旦は編集にかけてみるといいかもしれないですね。
スライダーを動かすたびに自分のイメージに近づいていくのはなんとも言い難い楽しさがありますので。

ではまた。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/20(金) 19:41:46|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山陰近代建築巡り 2日目(前編) | ホーム | 雪の伏見稲荷大社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tentetsu.blog.fc2.com/tb.php/90-ab7fb3ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆきつづね

Author:ゆきつづね
きつね、たび、のりもの。

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

遠征・取材 (19)
JR西日本・貨物 (12)
山陽電車 (7)
阪神電車 (7)
アニメ (2)
ニコニコ動画 (4)
鉄道模型 (1)
パソコン関連 (2)
ドライブ (1)
その他 (7)

リンク集

検索フォーム

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: